セイハネットワークで未就学児が英語教室で学べることとは?

セイハネットワークで未就学児が英語教室で学べることとは?

■期待しすぎてはいけない

 

未就学児からの英語教育に興味を持っている保護者は多いといいます。近年では小学校での英語の履修が必修化され、学校の授業についていくためにも早い段階から我が子に英語教育も受けさせようと思っている人が増えたのではないでしょうか。

 

ところで、みなさんは未就学児の英語学習の効果にどのようなものを期待されるでしょうか。具体的には子供がどのくらいのレベルの英語力を身につけられたら理想だとお考えでしょうか。早速、英語教室に通う未就学児の英語レベルについて見ていきましょう。

 

個人差はありますが、基本的には未就学児の段階で英語教室に通って英語が喋れるようになるのは難しいようです。習い事として週に1回レッスンをする程度では時間が足りないためです。

 

子供が英単語を家で喋るようになることもありますが、日常会話で使う必要を感じなければだんだん忘れていくといいます。つまり、英会話教室に通ったからといって未就学児の段階で使える英語が喋れるようになるケースは少ないようです。

 

■好きになることが大切

 

それでは、未就学児からの英語教室は無意味なのでしょうか。結論からいうと、意味はあります。未就学児では英単語をいくつか覚えたりするのが学習としては精一杯ですが、英語を好きになる体験をしていれば、その後の学習で英語スキルが向上していくからだそうです。

 

英語教室で英語に慣れておけば、小学校に上がって授業を受けても、学習意欲は向上するでしょう。 人が何かをするには動機が必要ですが、英語が子供にとって興味があり心から楽しく学習できていれば、得意科目になるのではないでしょうか。

 

また、多くの英語教室で採用されているフォニックスという指導法で授業を受けた経験があれば難しい発音の聞き分けや読み書きがしやすくなるといいます。
まとめると、未就学児からの英語教育には保護者が期待するような実用性はないかもしれません。ですが長い目で見るとのちの学習意欲向上につながりますので、受けさせておいて損はないのだそうです。

 

■セイハ英語学院は楽しいレッスンが評判

 

セイハネットワークの子供向け英会話教室では楽しいレッスンを心がけているといいます。 歌を歌ったりゲームをしながら子供に英単語を教えたり、親子で塗り絵をするなどの体験が主体となる授業を行っているとのことなので、子供が飽きずに取り組めるのではないでしょうか。 セイハネットワークには設立以来30年以上子供と向き合って積み重ねてきた経験があるそうです。なので一見ほのぼのとした授業でも、実は子供が楽に英語に親しめるようになる工夫を凝らしているのでしょう。
また、セイハネットワークが運営しているセイハ英語学院は、多くの子供向け英語教室の中でもトップクラスの高評価を得ているそうです。興味があれば一度見学してみてもいいですね。