セイハネットワークのセイハ英語学院に1歳半から通うと……

セイハネットワークのセイハ英語学院に1歳半から通うと……

■幼児英語教育のメリットとは

 

子供が赤ちゃんのころから入会出来る教室を子供向け英語教室といいます。 セイハネットワークが運営しているセイハ英語学院もそのひとつだそうです。幼児英語教育にはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

 

一説によると母国語以外の言語を習得する時期には臨界期というものがあるといいます。英語を正しく聞き分けることのできる、いわゆる「英語耳」は早いうちに英語に接しておかないと育たないのだそうです。

 

例を挙げると日本人はRとLの発音の違いを聞き分けるのが得意ではありませんが、小さいころからそうした言語に触れておけば日本人でも発音の違いを聞き分けやすくなる といわれています。

 

また、幼児は周囲の真似をするのが得意です。早期から英語に慣れ親しんでいる赤ちゃんなら、英語を使ったコミュニケーションも簡単にできるようになるでしょう。

 

■実際に入会した人は?

 

セイハネットワークのセイハ英語学院には0歳から入会できるみたいです。ハロークラブコースという親子で参加するレッスンでは音楽やリズム、ゲームを用いて楽しく英語を覚えていくことができるそうです。

 

実際に入会した保護者のレポートによると、授業時間は30分で子供が飽きないちょうどいい長さに設定されているそうです。子供は飽きるとぐずついてしまいますから、授業が絶妙な時間に設定されているのは嬉しいですね。

 

赤ちゃんに習い事をさせると、突然の体調不良などによる欠席によって継続して通えないことがあります。 そのぶんの授業料が気になる保護者もいるでしょう。ですが、ハロークラブコースでは年間44回のレッスンがいつでも無料で変更できるみたいです。

 

セイハ英語学院に通い続けた結果、子供は日常的に英単語を使うようになったそうです。本格的に会話や表現を学習するには次のステップに進まなければなりませんが、英語を聞く力を習得できたといいます。

 

■ 注目される幼児英語教育

 

ご紹介したように、子供に早くから英語を教えるメリットは多々あります。教室の向き不向きもあるといいますが、スクールに通えば子供の英語能力を育てる一助になるのは間違いないでしょう。

 

現在は小学校でも英語が教科として必修化されているようです。幼児英語教育が最も注目されている時代ではないでしょうか。セイハネットワークは創立から30年以上子供向けの英語教室を運営しているブランドだそうです。全国の大型ショッピングセンターを中心に教室を展開しているみたいなので、もし興味があれば資料請求や見学をしてみてもいいかもしれません。

 

管理人推奨サイト→→→セイハネットワーク株式会社-YouTube